ガイド会

世界のトップ水中ガイド集団!その名も「ガイド会」guide-kai.com

谷口 勝政

谷口 勝政

Katsumasa Taniguchi

1980年2月12日生まれ  活動地域: 和歌山県 串本

串本は僕の地元!
国の天然記念物、橋杭岩に上り、誰が一番高いところから飛べるかを競い合っていた中学時代。
この頃より、素潜りで貝を獲ったり、ナマコを拾ってはぶつけ合って遊んでいた。
高校の頃には、ダイビングをやったこともないくせに、インストラクターになりたいと言い始める。
19歳でダイビングを始め、串本のダイビングサービスで働きながらインストラクターまで取得。
最初から自分の店を持つことが目標だった為、独立する前に他の海も勉強したいという思いから、3年間東伊豆の「マリンステージ富戸」へ就職。
ここで、ガイドのノウハウ、ゲストのおもてなし、ダイビングサービスの経営を学ぶ。
26歳で串本に戻り、「マリンステージ串本店」を設立。
本州最南端に位置する串本には、大きく分けて2つの海があります。当店を含む多くのサービスがある西側の亜熱帯エリアと、須江や古座などがある東側の温帯エリア。車でたったの15分ですが、水温差は大きい時で10度以上、生物相はそれ以上に変わります。この2つを合わせると、串本の海は半端なく生き物の種類が多く、亜熱帯と温帯の生物が入り交じる、日本の海の交差点のようなところです。
僕はガイド!ガイドであるからこそ、常に今の海を知っていたい。潜りに来て下さったゲストをガイドさせて頂く時に、久々に潜ります〜!なんて言うと、ゲストの気持ちが萎えます。なので僕は、時間の許す限り潜っていますし、ずっとそうでありたいと思っています。四季折々に見せてくれる海の変化を考慮し、柔軟なガイドができるよう日々努めています。果てしない目標は、串本で登場する魚類全制覇!おじいちゃんになるまでに、撮り貯めた写真を発表したい。


マリンステージ串本店

うちのダイビングスタイルは、のんびり&じっくり。基本はフィッシュウォッチングとフォトダイブになります。 潜水時間は他店より長めで、のんびり生物観察や、じっくり被写体と向き合って頂ける時間を自然と作れるガイドを心がけています。 当店ではそう言ったシーンの時にじっくり時間をかけて頂いてかまいません。 マリンステージのガイドは時間があれば休日も潜り、生物観察や撮影をしているため、そういった方の気持ちが分かる!そう思っています。僕たちも、休みの日はみなさんと同じ一ファンダイバーですからね。 串本で旬のものを観たい、撮りたい方は、ぜひお越し下さい。まだ新しい高速ボートで、串本の海を隅々までご案内させて頂きます。


【俺の縄張り】

アザハタは串本の海を語る上で欠かせない存在。
その年、季節によって周囲のクロホシイシモチやキンメモドキの数が変わります。
この日は両種とも多く、キンメモドキが帯のようになり、まるで一つの生き物のようになっていた。
撮影する僕の前を、ここは俺の縄張りだ!と言わんばかりに睨みつけて行った。





【前ぼけ】

アカヤギに住むガラスハゼの仲間。
僕は生き物を大きく撮るというよりは、その生き物がどんな環境にいるのかが分かる写真が好み。
今まではガラスハゼを手前に持ってきて、バックに周囲のヤギが入るような写真を多く撮ってきたけど、この時は、あえて手前にヤギを持ってきて前ぼけにしてみた。
すると、いつもとは違った雰囲気で撮れたお気に入りの一枚。