ガイド会

世界のトップ水中ガイド集団!その名も「ガイド会」guide-kai.com

佐藤 長明

佐藤 長明

Nagaaki Sato

1969年1月31日生まれ  活動地域:宮城県南三陸町志津川湾

1969年、宮城県南三陸町(旧志津川町)生まれ。1992年、23歳でスキューバダイビングと出会い翌年から水中写真を始める。南三陸沿岸に生息する稀少種の発見をきっかけに生物層調査に取組む。8年間の修業の後、2000年にダイビングサービスグラントスカルピンを設立。現地型ダイビングサービスとしてそれまでダイビングポイントとして無名だった宮城の海を国内に広く紹介。2005年には志津川漁協、南三陸町(旧志津川町)と協力して新ダイビングスポットのオープンを実現。自ら撮影するクオリティの高い写真により、生態観察と撮影の楽しさを広めている北の海の伝道師。 南三陸志津川は東北地方の太平洋側、南三陸金華山国定公園のほぼ中央に位置する。沖合いは寒流の親潮と暖流の黒潮が交わる好漁場として古くからその名を馳せる。志津川湾はリアス式海岸には珍しく遠浅に展開する湾であることが特徴だ。そんな海で生物たちは一年を通じ命の営みを繰り返している。ガイドとして心掛けることは季節を感じて海を読むこと。生物同士の連鎖を知る事で海は何倍も楽しいものになるはずです。


グラントスカルピン

ショップ名のグラントスカルピンとはクチバシカジカと言う和名を持つ小さな魚の英名です。直訳すると『Grunt=小言を言う・文句を言う』『Sculpin=カジカ』です。その魚は世界でもほんの一部の水域でのみ観察されている稀少種です。この体長僅か7cmほどの小さな魚との出会いが人と出会いに繋がりサービスを始めるきっかにもなりました。


OysterFarm

毎年、冬になるのが待ち遠しい訳がある。写真は出荷を目前にした牡蠣の養殖筏です。たわわに実った一粒一粒には山・川・海の全ての恵みが凝縮された味がする。その味わいを知る人は多くいるが景観を味わえる人は数少ない。厳寒の朝、低水温に入水すると身を正 されるほどの緊張感を感じる。眼を瞑り1つ息を飲みながら深呼吸しゆっくりと眼を開ける。見上げる水中景観は息を呑むほど美しい。


spark

写真の生き物はダンゴイカです。サイズは大人でもゴルフボールほどと小型のイカです。日中は砂に潜り夜になると捕食などのために活動が活発になる。また、夜行性なので極端に光を嫌う。そんな地味目な彼らだが中層で見せる威嚇のポーズは驚くほど魅力的!すべての腕を持ち上げて御覧のポーズ。ライトの浮かぶその姿は夏を彩る花火のように美しい。