ガイド会

世界のトップ水中ガイド集団!その名も「ガイド会」guide-kai.com

木戸 泰成

木戸 泰成

Yasunari Kido

1978年1月20日 生まれ 千葉県出身。

専門学校を卒業後、就職先を探すもなかなかやりたいことが見つからず、ワーキングホリデーでオーストラリアへ。旅先でダイビングに出会い、ダイブマスターを取得。

日本に帰ったらダイビングインストラクターの資格を取ろうと決意。 帰国後は沖縄のタウンページを取り寄せて、那覇のダイビングショップを片っ端から電話をかける。何軒も断られたが、運よくスタッフを募集していたショップと出会い、勢いだけで単身沖縄本島に乗り込む。

ダイビングショップで働きながら2000年にPADIのインストラクター資格を取得。しかし、勤めていたダイビングショップが半年で潰れてしまい、行き場を無くした時に現在のダイビングの師匠と出会う。その後の3年間は、沖縄本島の厳しくも優しい職人肌のベテランガイドさんに囲まれて、毎日がいっぱいいっぱいの日々を過ごし、ガイドの魅力にどっぷりハマる。

退職後はフリーのインストラクターを経て2005年に独立し、沖縄本島でスローライフマリンサービスを設立する。独立後も冬のシーズンオフになると、毎年ガイド修行の旅にでかけ伊豆・知床の流氷ダイビング・パラオ・与那国・小笠原など潜ったことのない地域で期間限定で働かせてもらい、ガイドの勉強をするのがオフシーズンの楽しみです。

お客さんは十人十色、楽しみ方や好みは人それぞれです。 自分の固定観念を押し付けるのではなく、安全管理がしっかりできている中で、その人の目的にあったガイディングを提供する事を常に心がけています。

生物をじっくり観察できるようになるための魚への近づき方、流れの早い場所での効率的な泳ぎ方や対処の仕方、写真の撮り方、等々・・・例えをあげればきりがないのですが、講習では教えてくれない実戦的なスキルもアドバイスしながらガイドしています。

世話焼きガイドとしては右に出るものはいないと自負しております(笑)


スローライフマリンサービス

2005年5月に沖縄本島宜野湾市にてダイビングサービスをオープン。
2014年12月より恩納村に移転。真栄田岬・万座周辺のポイントを中心に体験ダイビング・ファンダイブ・フォトダイブにも対応してガイドしています。ケラマ諸島・北部(伊江島・水納島)・粟国島等、遠征にも力を入れており、マクロからワイドまで沖縄本島を幅広くガイドできるショップです。


ケラマ諸島の海で見られるカメ(タイマイ)です。
なんだかんだ言ってもカメはやっぱり癒されますね。
このポイントに生息しているカメはとっても肝が据わっているので、食事に夢中の時はダイバーが近付いても全然逃げません。
長年ダイバーが海に潜っているから危険ではないという認識になっているのでしょうか??
おかげで、色んな角度からカメをじっくり撮影することが出来るので1ダイブ、カメのみでフォトダイブもなかなか楽しめます。




サンゴの産卵を見たのが沖縄にきて間もないころ。

同じガイド会の先輩の蓮尾氏に連れて行ってもらいミドリイシサンゴの一斉産卵を初めて見ました。それ以降、サンゴの産卵の神秘的な魅力にハマってしまい、毎年産卵を見に行くようになりました。
最初はいつ産むのかどうやって産卵するのかわからないまま、ギャンブルで産卵を見に行っていましたが、毎年産卵を見ているうちに、どういった状況で産卵するのかわかってきて確率を上げることが出来るようになってました。

何度見てもサンゴの産卵の神秘的な光景は興奮し、飽きません。
きっと今年も産卵を見に夜な夜な潜る事でしょう・・・。